Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/349-020b1884

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[F1-2006] 5R ヨーロッパGP フェラーリの猛追

第5ラウンド ヨーロッパGP

コース : ニュルブルクリンク

スタートの直線が終わって最初のコーナーがヘアピン気味のコーナーとなっているため、スタート直後はマシンが混雑するらしい。アロンソ(ルノー)曰く、そんなコースなので今回はポールポジションにこだわった。
先述の1コーナーを含め、シケインなど、マシンを追い抜くポイントが3箇所ほどあるらしい。

予選結果は、ルノー、フェラーリ、フェラーリ、ホンダ、マクラーレン、ホンダ、トヨタ、マクラーレンといった感じ。アロンソがポールポジション。フィジケラ(ルノー)は13番手。なお今回もAGURIチームは2台とも最後方からのスタート。ちなみにAGURIチームは、井出からモンタニーに乗り代わっている。

予選
1. F.アロンソ(ルノー)
2. M.シューマッハ(フェラーリ)
3. F.マッサ(フェラーリ)
4. R.バリチェッロ(ホンダ)
5. K.ライッコネン(マクラーレン)
6. J.バトン(ホンダ)
7. J.トゥルーリ(トヨタ)
8. J-P.モントーヤ(マクラーレン)

ヨーロッパGPがスタート。スタート直後、1コーナーでクルサード(レッドブル)とリウッツィ(トーロロッソ)が接触。セーフティカーが入った。なおこの1コーナーの混乱で、佐藤(AGURI)はこの混乱を上手く回避して6台分くらい順位を上げた(結局ジリ貧で順位を下げるけれども)。

スタート直後もアロンソ、Mシューマッハ(フェラーリ)、マッサ(フェラーリ)には順位変動なし。最初にアロンソがピット作業を行い、Mシューマッハも1周回った後すぐピット作業を行って、コースに戻るが、相変わらず順位変動なし。

ピット2回目、アロンソがMシューマッハよりも先にピットインしたが、ここで前が開けたMシューマッハがガッツリとタイムを稼いだ。Mシューマッハがピット作業から戻ればアロンソの前につけ、トップに立つ。こうして1位Mシューマッハ、2位アロンソでレースが終了した。

アロンソ曰く、ミハエルに前に出られてから2~3周くらいツメてみたが、抜けそうになかったので、次のレースに向けてエンジンを温存した。

ちなみにテレビ放送では、ミハエルが「落日の赤き皇帝」から「逆襲の赤き皇帝」になっていた。モントーヤに対する実況、「コロンビアの暴れん坊が今日もコース狭しと暴れまわる」がちょっと面白かった。

決勝
1. M.シューマッハ(フェラーリ)
2. F.アロンソ(ルノー)
3. F.マッサ(フェラーリ)
4. K.ライッコネン(マクラーレン)
5. R.バリチェッロ(ホンダ)
6. G.フィジケラ(ルノー)
7. N.ロズベルグ(ウィリアムズ)
8. J.ビルヌーブ(ザウパー)

振るわないバトンに代わりアピールしていきたいバリチェロは5位。フィジケラは6位につけた。なにげにスーパールーキー・Nロズベルグが7位に入っている。ビルヌーブも8位に入った。

今レースでは地味なリタイアが多かった。完走は13台。バトン(ホンダ)、モントーヤ(マクラーレン)、Rシューマッハ(トヨタ)もリタイアとなった。AGURIチームは残念ながら2台とも完走ならなかった。

第5ラウンド終了時点

ドライバーズPt
1. アロンソ(ルノー) 44
2. Mシューマッハ(フェラーリ) 31

コンストラクターズPt
1. ルノー 62
2. フェラーリ 46
3. マクラーレン・メルセデス 38

次の第6ラウンド・スペインGP決勝は、すぐ次の週である5月14日に行われる。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/349-020b1884

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。