Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/403-8d88b277

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[F1-2006] 13R ハンガリーGP

13R

コース: ハンガロリンク
天候: 雨のち曇り ウェット→ドライコンディション


<予選等>

予選はキミ・ライコネンが1位。ミハエル・シューマッハとアロンソは2秒のペナルティを受けて、ミハエル・シューマッハが12位、アロンソが15位へ。

予選、スーパーAGURIの佐藤は、MF1のアルバースのタイムを抑え、後ろから3番目に(20位)。後にトーロロッソのスピードが裁定で20位になったので繰り上がって19位でのスタート。

予選4位のバトンはエンジン交換を行っており、10グリッド降格で14位スタート。


<レース>

というわけで、今シーズン初のウェットレース。水しぶきを上げながらスタート。

路面のコンディションの影響か。アロンソがガンガン・ズンズン・グイグイ上昇。一方ミハエル・シューマッハはアロンソにも交わされ、どんどん後ろに。しかもフィジケラに抜かれた挙句、フロントウィングがぶっ飛び、ピットイン。

キミ・ライコネンが周回遅れの車両に追突、リタイア。セーフティーカー投入。アロンソのタイム差がつまる。ミハエル・シューマッハが多少順位を上げる。

路面が乾き出して、ミハエル・シューマッハがガンガン・ズンズン・グイグイ上昇。

路面がほぼ乾く。ドライタイヤへの交換の駆け引きが始まる。そしてアロンソがなんとリタイア。ここでバトンがトップに。

バトンはドライタイヤに交換しつつ、2番手を抑えてコースに戻り、トップを磐石なものへ。2番手のハイドフェルドがドライタイヤに交換、ミハエル・シューマッハが2番手に浮上。ただし、タイヤはそのままだったので、しのげるかどうか。

ミハエル・シューマッハが頑張って後続車を抑える。しかし持たず。見るも無惨にドライタイヤの後続車に次々と抜かれる。なぜかマシンも持たず、ピットインしたらそのままガレージ・イン。アロンソとのポイント差を一気に縮めることは敵わなかった。結果は8位に入賞できて、1ポイントGETすることになった。

バトンがチェッカーフラッグを受ける。ホンダが優勝。オール・ホンダ体制として、1967年イタリアGP以来39年ぶり、3回目の優勝。表彰式に君が代が流れた。感動!

佐藤琢磨は完走した。


<結果>

1 バトン(ホンダ)
2 デ・ラ・ロサ(マクラーレン・メルセデス)
3 ハイドフェルド(ザウパーBMW)
4 バリチェロ(ホンダ)
5 クルサード(レッドブル・フェラーリ)
6 ラルフ・シューマッハ(トヨタ)
7 マッサ(フェラーリ)
8 ミハエル・シューマッハ(フェラーリ)


<ドライバーズポイント>

100 アロンソ
90 ミハエル・シューマッハ

その差、10ポイント。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/403-8d88b277

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。