Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/442-6ba930fb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[スラムダンク] 翔陽戦その2(10巻)

翔陽のスタメン 5花形、6長谷川、7永野、8高野、9伊藤
湘北のスタメン 4赤木、14三井、7宮城、11流川、10桜木

なんと桜木が初スタメン。
安西先生がスタメン発表で桜木の名前を呼んだ時に、桜木が「ドキッ」としている。

翔陽はスタメン中4人が3年。花形197cm、長谷川190cm、永野191cm、高野193cmの4人である。この4人より身長が高いのは、197cmの赤木だけである。

花形は翔陽のスターである。声援もでかい。

「花形さーん!!」
(うおおお)
「花形さーん!!」

応援に気合入りすぎ。

なお、藤真は選手兼監督で、控えである。藤真の身長は178cm。けっこうでかい。そんな藤真が小さくみえてしまう。翔陽のメンバーは相当でかい。

伊藤が唯一2年で、身長は180cmである。スタメンである。ガードとして起用されている。

いよいよ試合開始である。



ジャンプボールは赤木vs花形。
赤木がジャンパーバイオレーションを取られてしまい、翔陽ボールで試合は始まる。

「湘北は今大会全試合退場とイマイチ調子のでない桜木さんを初めてスタメンで起用してますね」
湘北がはやくも勝負にでていると感じる彦一。
田岡監督は「木暮だと身長差がかなりきつい」と冷静に分析。

初得点は伊藤から中でボールをもらった花形のフェイダウェイシュート。
この伊藤のアシストは、宮城が頭の上を通されている。

 花形 2得点(今試合初得点)

湘北はおそらくマンツーマン。
赤木が花形、三井が長谷川、宮城が伊藤、桜木が高野で、流川が永野のマークだと思われる。

翔陽はゾーンに近いマンツーマンのようだ。
田岡監督がそう分析している。
あまり前に出てこないらしい。
中をきっちり固められ、赤木のマークはきつそうだし、ボールもなかなか入らなさげである。
アウトサイドシュートが決まるならば武器になるのかもしれないが、外した時のリバウンドがきつそうだ。

流川が上を通そうとしたが永野にパスカットされ、翔陽ボール。

 スコアボード 19:04 湘北0-2翔陽

桜木が高野からスティールを狙って早くもファウル。

 桜木 ファウル1つ目

花形が高野にボールを渡すと見せかけて逆をつき、フックシュートを決める。

 花形 2得点

中にいた花形が外の伊藤にボールをさばく。
伊藤が3Pシュート。

 伊藤 3得点

彦一の発言によりこの時点のスコアは、

 湘北0-11翔陽

そして、この時点で試合が始まって6分らしい。
湘北はノーゴール。
ボールを運ぶ宮城。
みんなが肩で息をしていることに気がつく木暮。
宮城が上を通すパスを永野にパスカットされる。

永野はゴール下の花形にパス。
花形がシュートフェイク、跳ぶ赤木。
三井が思わず「フェイクだ!!バカ!」。
流川がシュートしようとした花形のボールを下からナイススティールする。

流川が速攻、桜木と宮城が両サイドをダッシュ。
伊藤が戻り、高野と永野は既にゴール前で待ち構えている。
ゴール前の二人に向かって流川が突っ込んでジャンプ。
ダンクするのをやめて下からすくい上げるようにシュート。
湘北初得点。

 流川 2得点(湘北初得点)(流川2点目)

 湘北2-11翔陽

「全員動きがカタい」「パスが出せねー」
なるほど湘北は今の今まで動きがカタかったらしい。
流川に一言いわれてカチンときて、固さがとれる湘北。

花形のゴール下シュートに赤木のハエたたきが炸裂。
赤木復活に思わず小躍りする安田。

高野のシュートを桜木がブロック。

宮城がこれを拾って速攻。

「くそっ!!あんなフザケた野郎にこのオレが…!!」
戻りながら桜木にブロックされたことを悔しがる高野。

宮城が後ろから走ってきた桜木にレイアップのアシストをこころみる。
桜木は派手にレイアップシュートを失敗。
「下手クソめ!!もらった!!」
リバウンドに跳ぶ高野。
しかしその上を流川が行く、ボールを弾いてゴールに入れる。

 流川 2得点(流川4点目)

 湘北4-11翔陽

流川が局面を打開。
語る田岡監督。
そして観客席から宮城のミスマッチについて言及する声が。
「5番とかえた方がまだいいんじゃねーのか湘北は!」
木暮さんを推すとはなかなか味な観客である。

伊藤が宮城の上を通して高野にパス。
高野がトラベリング。
高野は本調子ではないらしい。

赤木がボールを宮城に入れる。
宮城が速攻。
伊藤を抜き去る。
流川・桜木・三井もダッシュ。
永野と長谷川がゴール前に戻っていたようだが、宮城が右の方を走っている桜木にレイアップのアシスト。
桜木が庶民シュート成功。

 桜木 2得点(前半これが最初で最後の桜木の得点)

 湘北6-11翔陽

翔陽も速攻。
伊藤が(戻るのが遅れたかわりに相手ゴールに近かった)高野にパス。
高野がドリブルしようとしたら、ボールを宮城にスティールされてチャンスが潰れる。
高野の調子が上がらない。
宮城のスピードに沸く観客席。
宮城、彩子に気をとられたのかと見せかけて、赤木にパス。
気づけば宮城が中に入ってきていたので、そのままボールを預ける赤木。
追いつかなかった伊藤が花形にスイッチを頼む。
ボールを受け取った宮城は、シュートするのかと思いきや、ドリブル。
ブロックに跳んだ永野と花形を置き去りに。
ボードの裏から回り込んでシュート。

 宮城 2得点

 スコアボード 11:58 8-11

永野が思わず「歩いた!!」と審判に聞いたがトラベリングではなかった。
藤真を指差して挑発する宮城。

ここで翔陽がチャージドタイムアウトを取る。



藤真は慌てず中を固めればいいと指示。

タイムアウト終了。



花形がコートにボールを入れる。
湘北の速攻だけは止めるぞと、かけ声をかける花形。

田岡監督曰く、翔陽は藤真がベンチにいるうちはまだ余力があるらしい。
藤真が入るとどうなってしまうのか気になる展開。

   伊藤
永野 高野 長谷川
   花形

どうやら翔陽はディフェンスをゾーンにしたらしい。
田岡監督によると、速攻を止め、ロースコアゲームの展開を狙っているらしい。
中でボールを持っても辛そうな赤木。
しかし、ここで三井の出番。
赤木が三井にパス。
三井が3ポイントを決める。

 三井 3得点(三井3点目)

 スコアボード 10:59 11-11

MVP三井の情報が流れて、湧く観客席。
長谷川は三井にまず3得点を許す。

藤真が出ようとするが、花形がこれを止める。
「藤真!!」「オレを信じろ!!」
藤真との以心伝心のあと、かけ声をかけてチームに気合を入れる花形。
永野の外したシュート(?)を花形が赤木を振り切ってリバウンド。
ダンクを決める花形。再びベンチに座る藤真。

 花形 2得点

 湘北11-13翔陽

調子があがり、正面から突っ込んできてジャンプシュートをうつ三井。
ゴール前にいた花形がブロック。
三井がオフェンスチャージングを取られる。
頼りになる男、花形透。

そして点をつんでいく翔陽。
高野(15点目?)・永野(19点目?)・長谷川(26点目?)のカット。

 なお話の整合性上、この間に三井が2得点したと推測できる。

 三井 2得点(5点目)



前半も残すところ30秒。

 スコアボード 残34秒 22-31(湘北+11、翔陽+18)

9点差に広げられてしまった湘北。
清田も「あ――あ やっぱり翔陽か…」と、翔陽の強さを感じる。

残り30秒でボールは翔陽。

藤真温存+湘北の疲労(原因は緊張しすぎた事による体力消耗と翔陽のフィジカルの強さ)の2つの悪条件のため、追い上げの士気を維持するには、前半はなんとしても一桁の点差で終了させなければならない、というようなことを熱く語る田岡監督。

赤木が気迫で花形がシュートしたボールに触れる。
そして桜木がこれをリバウンド。
9点差を守りきって前半を折り返した。



そして後半開始。

後半開始のスコア 湘北 22-31 翔陽
(作中はスコアボードが後半から左側は翔陽、右側は湘北になっている)


晴子さんに前半終了のリバウンドについて誉められて俄然気合の乗りが違う桜木。

シュートを外して自ら取る、を繰り返す桜木。
桜木のゴール下シュートが決まらないので赤木がゴリラダンク。


 赤木 2得点

桜木の動きに動揺する花形。
永野に対してスクリーンアウトを決めてリバウンドを取る桜木。

「小僧!!」

永野の顔が強い。

リバウンドを決めまくる桜木(3シーン)。
花形も桜木のリバウンド力が侮れないと感じ始める。

 スコアボード 14:29 32-35(湘北+10、翔陽+4)

赤木がフックシュートを決めて1点差へ。

 赤木 2得点

 スコアボード 14:21 34-35

永野がジャンプシュートをうつ。
「はやい!!」「あせるな永野!!」と花形。
赤木にスクリーンアウトされてしまっている。
そして桜木がリバウンド。

宮城にボールが渡る。
速攻をださせるなとかけ声をかける藤真だったが、宮城は前に走ったっぽい流川へロングパス。流川がダンク。湘北が逆転。

 流川 2得点

 スコアボード 14:02 36-35



藤真が伊藤と交代で入った。

 伊藤OUT 藤真IN

ここで清田が牧に報告しようとダッシュ。
間違って陵南の更衣室に報告した。
清田から藤真が入るのを教えてもらってから観戦しに行く陵南バスケ部。
もったいぶらずに最初から観戦すれば良いのに。
そして海南も観戦に登場。

藤真が花形・永野・高野のケツを叩いてチームを鼓舞。
観戦に来た海南を見て闘志を燃やす花形・永野・高野。

早速藤真がジャンプシュートで得点したところで第10巻が終了。

 藤真 2得点





翔陽高校データ (出所:10巻 #82 TIP OFF)

PG #4  藤真健司 (3年) 178cm 66kg ふじまけんじ (選手兼監督)
C  #5  花形透 (3年) 197cm 83kg はながたとおる
F  #6  長谷川一志 (3年) 190cm 81kg はせがわかずし
F  #7  永野満 (3年) 191cm 84kg ながのみつる
CF #8  高野昭一 (3年) 193cm 85kg たかのしょういち
G  #9  伊藤卓 (2年) 180cm 71kg いとうたく

湘北高校データ (出所:10巻 #82 TIP OFF)

C #4 赤木剛憲 (3年) 197cm 90kg あかぎたけのり
PF #10 桜木花道 (1年) 188cm 83kg さくらぎはなみち
SF #11 流川楓 (1年) 187cm 75kg るかわかえで
PG #7 宮城リョータ (2年) 168cm 59kg みやぎりょーた
SG #14 三井寿 (3年) 184cm 70kg みついひさし


第10巻(リバウンド王桜木)
スラムダンク (10)
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/442-6ba930fb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。