Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/475-150cabdb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[TV] 功名が辻における織田信長の北陸侵攻の手前までの展開

「大河ドラマ・大石静・功名が辻」と「小説・司馬遼太郎・功名が辻(原作)」で織田信長が北陸を侵攻する手前までの展開のまとめ。


【大石】

司馬功名が辻は、信長の岐阜入りから始まる。
大石功名が辻は、信長の桶狭間合戦から始まる。

幼少期の千代登場。まだ仲間由紀恵嬢ではない。あやういところを高山善廣(蜂須賀小六)に助けてもらった。その場から必死で逃げる。落ち武者みたいに川をじゃぶじゃぶ。一豊に保護してもらえた千代。この辺の展開がドラマ。ワラジももらう。

司馬功名が辻では、法秀尼は千代の母。
大石功名が辻では、法秀尼は一豊の母。どうやら、こちらが史実らしい。

父親の仇討ちよろしく、合戦に紛れて信長を討とうとしている。槍を突き立てるまでは運んだが、討てず。逆に信長に惚れこむような感じ。

今川義元が江守徹。

舘ひろしの信長は年齢の問題等で賛否両論渦巻いたが、これがだんだん味が出てくる、面白い意味で。でもそれはもう少し先の話。

千代は法秀尼のところでまったりしていたが、一豊が戻ってきて「まだいたのか」扱いされて、意地を張って出て行く決意をする。千代は川を渡って尾張から美濃に入る。これが「決別の河」。

織田方が美濃を攻略、そして墨俣一夜城の話。

千代が仲間由紀恵に成長。千代は竹中半兵衛(松平容保な筒井道隆)とお馬さんに乗っていたら、川の対岸に一豊様発見。これが「運命の再会」(?)。

藤吉郎が竹中半兵衛を調略。ここでついに千代と一豊様が運命のご対面。でも二人はまだくっつかない。幼馴染で千代に惚れてるっぽい六平太も、千代の周りをうろうろしている。以後、徹底して千代を影で見守る系のキャラに。

稲葉山城落城、炎上。焼ける城内でドラマチックに二人が大接近。不破さんの切腹阻止&千代を嫁に下さいとお願いする一豊。炎中の抱擁、キスシーンはなし。無難な演出にホッとする視聴者。

千代が不破のおじさんに例の金子をもらう。

とここまででやっと結婚。そして貧しくも切り盛り的な展開。一豊は堀尾吉晴(生瀬)、中村一氏(田村淳)と仲良さげな感じ。中村一氏はそっけないけど。

明智光秀GJというか、信長が三谷幸喜(足利義昭)を懐へ抱え込むことに成功。上洛への足場を固める。浅井長政にお市を嫁がせる。そして無事上洛。

功名が辻
「桶狭間」「決別の河」「運命の再会」「炎の中の抱擁」
「新妻の誓い」「山内家旗揚げ」「妻の覚悟」


【司馬】

司馬功名が辻では、「娘の小袖」にて信長が岐阜入りして、一豊が千代と婚礼の儀を上げる。不破さんが用意してくれた金子を、千代の母である法秀尼が渡す。

千代が秀吉にピンとくる。巧みに誘導。一豊は秀吉の与力に加わることになる。
>「祖父江、五藤でさえ、かくかくでわしの選んだ目をほめておった」
>「よろしうございましたこと」

信長は上洛完了。

功名が辻
「娘の小袖」
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/475-150cabdb

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。