Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/481-6ca95b72

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[TV] 里見八犬伝(2006年TBSドラマ)

里見八犬伝 DVD-BOX

2006年TBSドラマ「里見八犬伝」 (里見八犬伝 DVD-BOX ← 相変わらずDVD高すぎ。)

 TBS50周年記念ドラマということで、正月に前編後編が二夜連続で放送された。内容は原作を元に、多少アレンジしてるっぽい。というか原作とは微妙に違うらしい。

 ・TBS公式
   http://www.tbs.co.jp/satomi8/

 wikipedia 「里見八犬伝(2006年)


<あらすじが詳しいブログ>

 ・テレビドラマの時間 三田ちゃんのそら見たことか
   http://mitachan.seesaa.net/article/11290025.html
   http://mitachan.seesaa.net/article/11352748.html
 ・映画とJ-POPの日々
   http://blog.livedoor.jp/ken_taro/archives/50304410.html
   http://blog.livedoor.jp/ken_taro/archives/50313467.html


<ドラマのノリでいう所のあらすじ>

 時は戦国なりしころ。
 安房に玉梓という美女がいたが、これが妖女なのだ。
 山下定包はこの玉梓を正妻とし、暴政をふるっていた。
 里見義実はこの山下定包を討ち、民百姓は暴政から開放された。
 玉梓は処刑された。
 しかし玉梓は里見一族を末代まで呪うと言い残す。
 そして伏姫に妖女玉梓の呪いが降りかかった。
 伏姫は呪いを振り払わんと自害して果てる。
 伏姫から八つの玉が飛んでいった。
 この玉を持つ者こそ、里見を救う八犬士なのだ。


<主な人物>

・伏姫 (仲間由紀恵)  … 里見の姫君。

・金碗大輔 改め ゝ大法師 (渡部篤郎)  … 伏姫の婚約者。伏姫自害の後、坊さんの姿で八犬士を探して旅する。

・玉梓 (菅野美穂)  … 傾国の美女。というか妖女。自分を処刑した里見が憎くてしょうがない。

・浜路 (綾瀬はるか)  … 信乃の幼馴染で許嫁。原作では浜路と浜路姫という別々の役があって、ドラマでは一緒くたになってるんだと。

・船虫 (ともさかりえ)  … ドラマ中では悲劇の女性という感じ。どうやら原作ではかなりの悪女の役回りであるらしい。

・網乾左母二郎 (田辺誠一)  … 村雨丸絡みで登場。


<八犬士>

 ・信乃 (滝沢秀明)  … 「孝」の玉を持つ。さわやかタッキー。基本的には、古河公方様に村雨丸を献上しなきゃならない。早く浜路を助けて欲しいんだけど、浜路はいつも他の面子に助けてもらってる感じ。

 ・荘助 (佐藤隆太)  … 「義」の玉を持つ。信乃と友達みたいな感じになる(というか義兄弟になる)。
 
 ・道節 (小澤征悦)  … 「忠」の玉を持つ。風貌は坊さんで、寂莫道人と名乗っている。火遁の術が使える。船虫とは知り合いだったぽい、船虫を助けた(あんまり助かってなかったけど)。 仇敵を討たんと頑張っている。

 ・現八 (押尾学)  … 「信」の玉を持つ。ちょいワル風。顔に牡丹のアザがある。牢にぶち込まれていたが、捕物の名人ということで屋根の上でタッキーとバトル。武器に長十手を使う。銭形平次とどっちが強いのか気になる。でも弓も巧かった。

 ・小文吾 (照英)  … 「悌」の玉を持つ。やっぱり怪力(え、猿飛佐助?)。まったりと旅籠屋の息子。

 ・毛野 (山田優)  … 「智」の玉を持つ。紅一点、だと思ったら実は男なのだ。めちゃ強い。父の仇を討つために頑張っている。

 ・大角 (勝地涼)  … 「礼」の玉を持つ。頭良さそうな感じ。なんだか薬みたいなものを作ってタッキーの腕の怪我を処置していた。親孝行。しかし父は化け猫に食われてしまっており、化け猫が父に化けていた。

 ・親兵衛 (山下翔央)  … 「仁」の玉を持つ。名前はジジ臭いが風貌はめっちゃ少年剣士。仇敵ということで里見義実を襲ったが、ゝ大法師に阻まれ諭され仇討ちはやめた。のちゝ大法師に育てられる(これらの設定はどうやら原作とは違うっぽい)。左のこぶしが生まれたときから開かない。風を操れる。「仁」の玉というのは、八つの中で一番徳が高いらしい。


<原作>

 南総里見八犬伝。作者、曲亭馬琴(滝沢馬琴)。江戸時代の作品。全98巻、106冊。

 ・「南総里見八犬伝」白龍亭 http://www.mars.dti.ne.jp/~opaku/
 ・伏姫屋敷 http://homepage2.nifty.com/fusehime/index.htm

 wikipedia 「南総里見八犬伝」「里見氏
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/481-6ca95b72

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。