Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/585-29a732a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

大型薄型TVについて。

シャープ AQUOS(液晶)
松下 VIERA(液晶・プラズマ)
ソニー BRAVIA(液晶)
日立 Wooo(液晶・プラズマ)
東芝 REGZA(液晶)
パイオニア KURO(プラズマ)
三菱 REAL(液晶)
ビクター EXE(液晶)
サンヨー VIZON(液晶)

BCNランキング >>
価格.com液晶 >>
価格.comプラズマ >>

フルスペック・ハイビジョンの液晶TVは37型からラインナップされる傾向があるようなので、目安にすることにした。

プラズマディスプレイパネル(PDP)を供給できるのは、松下プラズマディスプレイ、サムスンSDI(韓国)、LGエレクトロニクス(韓国)、富士通日立プラズマディスプレイ、パイオニアの五社のみであるらしい。小型化が難しいということで大型しか作らないから、けっきょく数も少なくなるのかもしれない、と思った。富士通はPDP事業から撤退したので富士通日立プラズマディスプレイというのは日立の子会社であるらしい。

昨年末のニュースの備忘録。

2007/12/21、シャープと東芝が提携を発表。
東芝がシャープからパネルを調達。

2007/12/25、日立とキヤノンと松下が提携を発表。
松下とキヤノンが日立からパネルを調達。

日立ディスプレイズは日立の100%子会社であるが、この比率を日立50%超・キヤノン25%未満・松下25%未満に変更、将来的にはキヤノン50%超になる予定。

IPSアルファは日立・松下・東芝の合弁会社であるが、東芝は出資分を松下に売却予定で、将来的には松下50%超になる予定。

液晶パネルはTV用液晶、パソコン用液晶、中小型液晶に分けられる。検索するうちに、パソコン用の液晶に関する情報とTV用の液晶に関する情報が(共通する部分も多いため)ごっちゃになって、混乱してしまう。

液晶の短所を改善すべくIPS式やVA式というものが開発されたが、これらは従来品と比べて視野角が広いなどの特徴があり、キレイな映りや大型化が求められるテレビ用の液晶には、これらの方式の液晶が採用される。

IPS式というものを最初に製品化したのは日立で、IPS → S-IPS → AS-IPS → IPS-PRO と改良され現在に至るという。LGにライセンス供与したのは、S-IPSであるらしい。LGはH-IPSを開発。LGとフィリップスは合弁会社(LGフィリップスLCD)で液晶パネルを生産している。NECはIPS式のSA-SFT液晶というものを開発したらしい。

VA式の液晶を生産しているのは、シャープ、サムスン、CMO(Chi Mei Optoelectronics)(台湾)、AUO(AU Optronics)(台湾)など。これらは元は富士通によるライセンス供与がきっかけに始まっているらしい。VA式はMVA(富士通・AUO・CMO)、PVA(サムスン)、CPA(シャープ)に派生している。富士通は液晶事業をシャープに売却して撤退した。ソニーはサムスンとの合弁会社(S-LCD)にて液晶パネルを生産しているが、検索した限りではおそらくTV用のパネルなのだろうと思った。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/585-29a732a7

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。