Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/602-d1d9a136

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

CANONコンデジ新製品(2008年春)に関する備忘録

IXY新製品
 キヤノンIXYラインアップ >>


Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 910 IS(シルバー) IXYD910IS(SL)
・IXY DIGITAL 910 IS シルバー (2月7日)

ただの新色。


Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 20 IS(シルバー) IXYD20IS(SL)Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 20 IS(キャメル) IXYD20IS(CM)Canon デジタルカメラ IXY (イクシ) DIGITAL 20 IS(ホワイト) IXYD20IS(WH)
・IXY DIGITAL 20 IS (3月上旬)

おそらく10と90が統合。
IS(手ぶれ補正)なし→あり。
710万画素(1/2.5型)→800万画素(1/2.5型)。
連射約1.7画像/秒→約1.3画像/秒(ラージ・ファイン)。
モーションキャッチ。
クリアライブ液晶→クリアライブ液晶II。

10、ファインダーあり+2.5型液晶(約23.0万ドット)。
90、ファインダーなし+3.0型液晶(約23.0万ドット)。

20、ファインダーあり+2.5型液晶(約23.0万ドット)。

モーションキャッチ >>
被写体に合わせてISO感度とシャッタースピードを自動設定してくれる機能っぽい。



PowerShot新製品
 キヤノンPowerShotラインアップ >>

Canon デジタルカメラ PowerShot (パワーショット) A590 IS PSA590IS
・PowerShot A590 IS (2月28日)
Canon デジタルカメラ PowerShot (パワーショット) A580 PSA580
・PowerShot A580 (2月28日)

A570IS→A590IS、シルバー→濃いシルバー。
A560→A580。
710万画素(1/2.5型)→800万画素(1/2.5型)。
モーションキャッチ、らくらくモード。
液晶はおそらく変化なし(2.5型、約11.5万ドット)。
連射約1.7画像/秒→約1.4画像/秒(ラージ・ファイン)。


Canon デジタルカメラ PowerShot (パワーショット) A470 PSA470
・PowerShot A470 (2月28日)

A460→A470。
500万画素→710万画素、4.0倍→3.4倍。


まとめ
エントリーモデルの撮影素子が710万画素(1/2.5型)から800万画素(1/2.5型)になった。
IXYのエントリーモデルのIXY10、IXY90にIS(手ぶれ補正)機能が付加。
モーションキャッチ機能が加わった。
連射速度は低下。


履歴

2008年
3月上旬
 ・IXY DIGITAL 20 IS
2月28日
 ・PowerShot A590 IS
 ・PowerShot A580
 ・PowerShot A470
2月7日
 ・IXY DIGITAL 910 IS(シルバ-)

2007年
10月18日
 ・PowerShot SX100 IS
9月21日
 ・IXY DIGITAL 2000 IS
 ・PowerShot G9
9月13日
 ・PowerShot A720 IS
9月6日
 ・IXY DIGITAL 910 IS
8月30日
 ・PowerShot A720 IS
 ・PowerShot A650 IS
 ・PowerShot A560
6月29日
 ・PowerShot S5 IS
6月8日
 ・IXY DIGITAL 810 IS
4月19日
 ・PowerShot TX1
3月15日
 ・IXY DIGITAL 10
 ・IXY DIGITAL 90
 ・PowerShot A570 IS
3月1日
 ・PowerShot A550
 ・PowerShot A460
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/602-d1d9a136

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。