Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/709-1c22f284

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

[代表] 五輪はこういう試合ばかり

ショックすぎて凹んでいる。

動きは、前の米国戦とは全然違って、良かった。不用意なマイボールの失い方をしていなかったし、失ったときはしっかり相手のカウンターチャンスを潰していたり、集中力が高かった。守備でも、相手のミスを誘い、マイボールを得ていた。確かに前半に決定的なピンチもあったのだが、不思議と安心感があった。観戦していて、攻められても、ここは守れる、という不思議な感じがあった。

ペース配分も、ピッチを上げるときはピッチを上げ、落ちつくときは落ちつき、主導権を譲らない感じで、悪くなかったように思った。

前半は安田が効きまくっていた(左サイド)。守備的MFが本田拓と細貝の二人だったからか、内田が左サイドに現れるなど、かなり面白い攻撃が展開できていたようだ。

守備的選手がボールを失うことは失点と直結するらしい。失点シーンでは人数は足りていたのに、相手が全員前を向いてボールを受けていたので、スムーズにボールが渡ってしまっていた。

失点したが、この時点では全く失望はしていなかった。しかし遅くても10分以内に点を返せなければ、いよいよもって危うい、というのは一応自分の頭にも入っている。

反町監督の動きは、かなり早かった。後手を踏む前に先手を、という印象があった。しかも二人だった。岡崎と豊田が入った。香川は難しいところだと思った。信じたいところもあるし、不安なところもある。李は、なんというか、運を引き寄せるためにピッチに残っていて欲しかった。

今思えば、代えるにしても李を残しつつ背の高い豊田一人増やして様子をみる、という手も悪くなかったのではと思えなくもない(後になってからは何とでも言える)。しかし失点時残り30分だったようで、確かに30分は厳しい。

李の良さは意識が常にゴールに向かっていることなのかもしれない(実際にそうなのかどうかは別として)。ボールを回すにしても、ゴールを意識したものでなければ、いつの間にか「主導権」が相手に渡ってしまう。

最後に梶山が入った。梶山は、プレイスタイル的に、スーパーサブ向きではないのかもしれないと感じた。細貝との交代。結局、本田圭と本田拓はフル出場になった。体力的に外せなかったのかもしれない。

細貝は見ていた感じでは、かなり良かった。本田圭佑は、打って欲しいところで打たず、打って欲しくないところで打つ、という印象が強かった。

前がかりになれば、リスクは高くなって仕方ないし、2失点目もやむなし、と思った。残り時間とともにいよいよ勝利が危うくなってきた。1点返すことができたが、もう1点返すことができず、引き分けにすらできなかった。豊田はGKとの一対一でしっかりと得点していた。

中継はテレ朝。松木・角澤コンビが実況解説から外され、堀池さんが解説をやっていた。堀池さんが解説だったので、心なしかこちらのテンションも上がった。しかし試合が始まってみて、つくづく実況者の振りに合わせるのも大変なんだなと、思った。前半終わって、松木さんと角澤さんが映ったが、泣き顔のように見えたのが個人的なツボだった。
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/709-1c22f284

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。