Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/728-80e64a43

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

シベリア鉄道関連

シベリア鉄道と東清鉄道

・チェリャビンスクがシベリア横断鉄道の正式な起点。
・オビ川を渡る地点にノボシビルスクという町が建てられた。
・イルクーツクまで開通した。当初はバイカル湖を(イギリス製の)砕氷船で渡った。後にバイカル湖を迂回するルートが開通した。
・ザバイカルというのは「バイカル湖の向こう」というニュアンス。
・ウラジオストックからハバロフスクまで開通した。アムール川方面の敷設は難航した。先に満州を横断するルートが開通した(東清鉄道)。後にアムール川方面のルートも開通した。
・シベリア鉄道はアレクサンドル3世が建設を開始し、ニコライ2世の日露戦争のいわば直前に開通した。
・チタの東にある、ハルビン方面・ハバロフスク方面・イルクーツク方面へと分岐する地点の地名はいまいち不明。

・東清鉄道は満州を横断し、西はイルクーツク方面、東はウラジオストック方面に伸びている。
・東清鉄道の南満州支線は、ハルビンから旅順の方に向かって伸びている。
・1905年にポーツマス条約により南満州支線の長春以南が日本に譲渡された。
・この譲渡された部分が南満州鉄道株式会社によって経営された。
・東清鉄道は1911年に中華民国建国により中東鉄路へ名前が変わった。
・中東鉄路は1931年に満州国建国により北満鉄路へ名前が変わった。
・北満鉄路は1935年3月に満州国へ売却された。
・北満鉄路の経営は南満州鉄道株式会社に受託された。
・1945年8月に満州国は滅亡し、北満鉄路と南満州鉄道はソ連に接収された。
・1949年北京に共産党政権が成立し、翌年にこの政権へ譲渡された。

1881年~1894年 アレクサンドル3世の在位期間
1894年 露仏同盟締結

1904年2月6日 日露戦争開戦
1905年9月5日 ポーツマス条約
1896年 露清密約
・東清鉄道敷設権 満州里 - ハルビン - 綏芬河
1898年 旅順大連租借条約
・東清鉄道南満州支線敷設権 ハルビン - 長春 - 大連

1922年 ソビエト連邦設立

シベリア鉄道 @wikipedia

バイカル湖
西にイルクーツク州、東にブリヤート共和国、流入河川360以上、流出河川アンガラ川のみ

日露戦争と工学(2)―シベリア鉄道の工事進捗状況調査 大興安嶺トンネル
No.27 -鉄道- 後編 1904年京釜線開通(京城 - 釜山)

google カルィムスカヤ Karymskaya
google カルイムスコエ
google タルスカヤ



シベリア鉄道 @百年の鉄道旅行 より

1891年5月31日 シベリア鉄道起工式
1892年7月19日 チェリャビンスクから東へ建設開始
1895年 チェリャビンスク~ノボシビルスク 西シベリア鉄道
1897年 ウラジオストック~ハバロフスク ウスリー鉄道
1898年 ノボシビルスク~イルクーツク 中部シベリア鉄道
1900年 (イルクーツク)~(連絡船、氷上線路)~スレチェンスク ザバイカル鉄道
1901年11月3日 満州里~ハルビン~ウラジオストク (ハルビン)~旅順 東清鉄道
1904年9月25日 周バイカル鉄道
1916年 スレチェンスク~ハバロフスク アムール鉄道

※()は補足



東清鉄道 @wikipedia より

1891年2月 シベリア鉄道建設を正式決定
1891年5月 着工
1897年 ウスリー線 ウラジオストク~ハバロフスク 開通
1898年 中部シベリア線 オビ(ノボシビルスク)~イルクーツク 開通
1900年 ザバイカル線 ムィソーヴァヤ~スレチェンスク 開通
xxxx年 東清鉄道本線 満州里~(綏芬河)~グロデコヴォ 1510キロ
1901年 ザ・バイカル鉄道 満州里~キタイスキ・ラズエズトー 355キロ 完成
1903年 ウスリー鉄道 グロデコヴォ~ニコリスク・ウスリスキー(現ウスリースク) 97キロ 完成
1903年1月 南満州支線 (ハルビン~大連) 772キロ 完成
1903年7月 綏芬河~グロデコヴォ 10キロ 完成

※()は補足



バイカル環状鉄道 より

図表
1899年 ~IRKUTSK(イルクーツク)
1900年 IRKUTSK~BAIKAL(バイカル)
1900年 BABUSHKIN(=ムィソーヴァヤ)~
1903年 TANKHOI~BABUSHKIN
1905年 TANKHOI~SLYUDYANKA(スリュジャンカ)
1905年 BAIKAL~SLYUDYANKA

本文
1900年 バイカル駅とムィソーヴァヤ駅まで完成、バイカル湖はをイギリス製の砕氷船で連絡
1904年10月 完成 バイカル~ムィソーヴァヤ 33本のトンネル、248個所の橋梁
1914年 複線化
1949年 新線完成 スリュジャンカ~イルクーツク
1956年 イルクーツク~バイカル 廃止

※()は補足

ムィソーヴァヤ Mysovaya 改名→ バブシュキン Babushkin 

 バイカル環状鉄道に関するデータ集(英、露語)
 Circum-Baikal railway http://kbzd.irk.ru/Eng/
 シベリア横断鉄道に関するデータ、写真、歴史など非常に充実した資料集(英、露、独語)
 The Trans-Siberian Railway (Web Encyclopedia) http://www.transsib.ru/Eng/
 バイカル環状鉄道ツアーの一例 Tours to Baikal - Circumbaikal Railway Tour
 http://www.baikalex.com/travel/circumbaikal.html



第2章 ハバロフスクから列車「ロシア号」 より

1851年 サンクト・ペテルブルク~モスクワ
1895年 ~ノヴォシビリスク
1897年 ウラジオストック~ハバロフスク
1898年 ~イルクーツク
1900年 (ムィソーヴァヤ)~カルィムスカヤ
1903年 (東清鉄道区間)
1904年9月25日 (バイカル湖区間)

 ダイヤモンド社「地球の歩き方」

※()は補足
スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://tameblog.blog5.fc2.com/tb.php/728-80e64a43

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。